「経験」を培う方法



「経験」を培う方法は以下である。

①現在の事象を知る

②その事象に関する過去を知る

③過去・現在を見て未来を想像する

これを何度も色々な材料で行う。

このパターン(経験)を当たり前としてこなすことで、未来を想像し、実現させることができる。

それが「経験則」の強みだ。

 

仕事でも何でもそうだが、「確信的な答え」を求めているニーズは実は少ない。

その一つ下、もう少し下をユーザーは求める。

「確信的な答え」は、俺自身も重荷に感じる時がある。

普通の人が「それ」を受け取ったら、重すぎて受け取れないのだろうな、と、よく思う。

それほど「答え」とは重いものだ。

 

「リーダー」が存在する事で「宗教」が生まれてしまう。

「リーダー」を作らない組織が必要となる。

適当君が表に出ない理由は「存在させない」為である。

適当をリーダーとしない為の仕組みがコレだ。

 

この社会では、企業も会社も国も、誰かしら「トップ(リーダー)」が存在する。

これは「人間」の「本能」に関係している。

その「本能」を外す事の一環として

「リーダーを作らない」

 

では、「リーダー」の存在しない「集団」が上手くいくだろうか?

上手くいかない。

統率が取れないからだ。

それを上手く活かすには「法(概念)」を作る事だ。

適当は「法(概念)」だ。

 

皆、「法(概念)」の上を歩いているようで、実際は歩けていない。

レールの上で脱線しながら進む電車と同じ状態だ。

適当の法(概念)は、そのレールに乗り直す事が出来るものである。

故に、適当を求めるのではなく、法(概念)を知るだけで良い。

 

ホットスポット(運気up)

ホットスポット(運気up)

テキトー自身が見た、ホットスポット(龍穴)をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です