その道を通らなければたどり着けない道



人生は失敗の連続ではなく、

その道を通らなければたどり着けない道だと知る事だと思う。

私の人生はとても辛いものだが、それはキャラクターとして辛いのだ。

だけど、プレイヤーでもある私は、その先に良い未来が来ることを知っている。

それを手に入れるまでは、我慢してでも進むのだ。

 

人生は『ドラゴンクエスト6』に似ている。

ある所までは一通で、そこから転職や技術を磨いて、ボス(立ちはだかる壁)を突破していく。

突破できた時は、本当に楽しい。

ただ、必ず次のボス(立ちはだかる壁)は現れる

私の人生4つの壁がある

今の壁が終われば、残り2つだ

だが、残り2つの壁は「味方」だ

 

魂(プレイヤー)と私(キャラクター)は同じように見えて別である

プレイヤーはゲームの進行や設定を知っており「次どうなるか」を分かっている

キャラクターの私は30%程は「次どうなるか」は分かっているけど全部じゃない。

流されるままもある

普通は0%なのかと思うと恐ろしく怖い

 

ゲームをしている時、プレイヤーはただ画面にうつるキャラクターの動きに合わせてコマンドを打ち込んでいるだけで、「キャラクターの感情」や「心情、辛さ」は見ていない。

それが普通だと思う。

キャラクターの私は、プレイヤーに聞いても「機械的な返答」だけしか帰ってこないので、何かと辛いのだ。

魂の課題

『魂の課題』とは、いったいどんな事でしょうか。

魂には私たちの人生をかけて熟さなければならない、数多くの課題が課せられています。その課題をクリアする事が目的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です