どんな占いをしても、辿り着く情報は同じ



どんな占いをしても、辿り着く情報は同じ

占いには多種多様な種類がありますね。

また占い方にもいくつものパターンがあります。

 

生年月日や名前で占う方法や、手相・人相で占う方法、統計学で占う方法などなど種類はさまざまです。

それら占いの目的は、占う相手に対して『幸せの道』を歩んでもらえる様にとの事なのです。

 

言い換えれば、

沢山の占いを使って『一本の良き道(人生)を選んで歩く』と言う事が目的なのですね。

たどり着く『情報』は、『良き道を歩く方法』であると言う事です。

 

人生の道は、選択の道

人生は右へ左へ、下へ上へ、後ろへ前へ斜めへ、迷うものでもあります。

 

一つの選択で全てが変わる事もありますし、少しずつ選択して変化させて行く方法もあります。

占いを使って、良い道を選択する事はとても大事な事だと、私も思います。

おみくじだってその一つですね。

先が見えない自分の道、その先を照らす光が『占い』でも良いかもしれませんね。

 

しかし、

『一本の良き道(人生)』も大事ですが、もう1つ大事な事があります。

それは『どんな人生にしたいか(目的・ゴールを見据えて生きる)』と言う事なのです。

 

人生には、ゴールが必要

私(てきとー)の見る目線は、常に『死(終わり)』を見据えながら人生を歩んでいます。

むしろ、死んだ後、来世の自分の為に今世で積めるモノを積む、と言う思想です。

(私の場合は、ほぼ『経験』としては積み終わったので、”今世は誰かの為に”、と言う目的が強いですね)

 

もちろん、そんな事を、考えて生きなくても良いのですが、

そう言った目線で生きてみるのも、1つの視点でもあり、案外面白いものでもあります。

 

例えばですが、『過去世の積み重ね』が『今世のあなた』です。

これは魂が続いている限り、間違いなくそうなります。

 

と言う事は、『今世の積み重ね』は『来世のあなたの為』でもあると言う事です。

そして、『何かの為』と言うならば、そこには必ず『目的・ゴール』が付いてきます。

 

そう、人生には『目的(ゴール:中間ゴールでも可)』が必要と言う事なのです。

 

 

せっかく人生を歩くなら

ただただ長い道をフラフラ歩くよりも、目的を持って歩く方が気分は違ってきますね。

それが『どんな人生にしたいか(目的・ゴールを見据える)』と言う事なのです。

 

今世の道は、きっと来世への目的があって、今があるのです。

そして、それは沢山の過去世のあなたが『そうであった』と言う事なのです。

 

 

目的を持ちながら、人生を歩みましょう。

自分の為でも良し、誰かの為でも良し、それは自由です。

 

そして、占いをするにしても、

『目的を持って占ってもらう』事を、一度考えてみても良いのではないでしょうか。

占いは、目的・ゴールへ向かう為の『道標』であると言えるのですから。

 

 

編集後記

私は、ほとんど占いをしてきませんでした。

私には、ある程度の未来が分かっている…からと言うのもありますが、

私には、れっきとした『過去からの積み重ね(記憶)』があります。

 

その『記憶(道標)』を、私はとても大事にしています。

それが私の誇りでもあります。

 

私の記憶の中には、仕事を上手く熟す方法、人を幸せにする方法、お金を稼ぐ方法、などなど、

『沢山の経験』が詰まっています。

 

 

例えばですが、今の自分が弱っている状態だったとします。

その弱った状態だとしても、私は『何かにすがりたい』とは思わない、思いたくないのです。

 

私の芯には、『過去世からの多くの積み重ね』があり、

『過去世の私』が今世まで『頑張って生きてきた結果』なのです。

私が占いをしない理由は、

『過去世の自分』を大事にしたいからでもあるのです。

 

今生きている全ての人には、過去世があります。

それは、今世で、クセや考え方、行動パターン等々、必ず目に見えて表面化しています。

 

そのクセやパターンを、大事にして欲しいのです。

それが、『過去の自分』を誇りにする術なのです。

 

占いに頼るのも良いですが、自分の心・経験に頼るのも、良いものですよ。

魂の成長

『魂の成長』を考えてみましょう。

魂を成長させる事とは、いったいどういう事なのでしょうか。魂が求めている事とは、いったいどんな事なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です