テキトーくんの言葉

まず知る(認知)

更新日:



物事の本質を知るためには、まず「知る(認知)」が必要です。

皆さんは、知ると努力をやってみると、一歩踏み出せます。

そして、それを「理解」して、物事の本質の善し悪しや判断材料になります。

まずは知る事

 

皆さんが見ているエリアは 「1」や「2」の部分です。

「0」、スタートの位置へと下がって考えてあげましょう。

例えば、ノートは「1」、書籍は「2」だとする。

なら「0」は?

色々な存在している物事はうわべでしかない。

根底へと向かう思考が必要です。

ちなみに上記の「0」は文字

 

生きている上では「プラス側(物質)」の要因に囚われやすくなります。

しかし、物事は相反するものが有るからこそ成り立つ。

プラス側は皆さん当たり前に「認知」できる。

しかし「マイナス側」はなかなか認知出来ない。

また「自分」も物質である以上「プラス側」 相反する「何か」を探して見ましょう

 

「時間」はプラス側から派生した「事象」です。

人が居る事や、生命、物質がある以上は「プラス側」でしかありません。

「プラス側」に依存しない「マイナス側」を自ら導き出す。

ここに悟りが隠されています。

 

「自我」もプラス側です。

身体という媒体がある事で発生し出す要素です。

しかし「マイナス側」へ移行する為のツール(道具)です。

皆さん間違いでは無い。

ただ「おしい!」なのです。

是非見つけてみて下さい。

 

目に見えている「物」より、それを形作っている「枠」の方が実際は遥かに多いのです。

そこに目を向けることが「悟り」、「生かされている」と言う表現は、それらが無ければ「生きてはいけない」と言う慈しみでもあります。

例えば、海で溺れそうになった時…

真っ暗闇をさまよう時…

困りますよね?

 

困ってから気づく。それが当たり前。

お金だってそうですね。

ただ、気づいたのなら、それを「当たり前」と考えて生きるのでは無く、「有る」事を意識しながら生きると、目線は違ってきます。

もうそろそろ、根底の「大元」へと意識が向かいそうですね。

良い事ですね〜





-テキトーくんの言葉

Copyright© 魂を成長させるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。