占い・統計学・霊視について

占いや統計学、また霊視についてご説明します。

 

占いや統計学は、長い年月をかけて人々が培ってきた『経験則』を、暦や生年月日などに紐づけて実証実験してきた技術・学問の集大成と言えます。

それらの技術は一長一短ありますが、それぞれに特化したものであり、専門的な知識によって人々の悩みを解決する為の方法論だと言えます。

また、占いや統計学は『道具』を使う事を主体としており、その精度は安定していると言えます。

 

霊視は、人の魂の一端に触れる技術と言えます。

霊視には強さ弱さがあり、見えるレベルも人それぞれ違ってきます。

霊視には『道具』は必要とはしませんが、見えるモノを判断する経験則がモノを言います。



 

占いや統計学、霊視の全ては、あくまで『人主体』であると言えます。

人の生き方、人の人生に当てはめる事で効果を発揮しやすく、全ての生命には当てはまりません。

しかし、『人を見る』事に関しては特化していると言えるでしょう。

 

テキトーの見ている『魂』また『生命の流れ』は、俯瞰で見る性質がある為に細かな情報の取得は得意ではありません。

故に、占いや統計学、霊視を使われる事は、大きな目線ではなく、小さな目線で物事を見ると言う観点からオススメします。

 

オススメのコンテンツ一覧へ

『オススメのコンテンツ一覧』へ進む。

私たちの人生には、不思議で面白い、まだまだ未知の世界が広がっています。その未知の世界を知ることから、新しい世界は見えてきます。