ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

003 生命の誕生について 赤ちゃんの魂はどのようにお腹に宿りますか?

BLOG
テキトーの一問一答:生命の誕生について 赤ちゃんの魂はどのようにお腹に宿りますか?の動画です。魂が宿るタイミングや流れ、魂が宿らない場合の説明をしております。

 

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

とても嬉しいです。
ありがとうございます。
感謝です

赤ちゃんの魂はどのようにお腹に宿りますか?

赤ちゃんにやどる魂は『排卵時の卵子』の時に『魂の種』が宿るようになります。
『魂の種(「種」と呼ぶ)』自体は無数に存在しているので、どこにでも宿ります。
パターンとしては、ランダムに宿る場合と、選択して宿る場合とがあります。

『人間の母親のお腹に宿る場合』は、
主に母親を選んで『種』は入ってくると思われます。

また、人間の身体(器)に入るためには以下のルールがあります。

  • 犬 猫 牛 ヤギ 羊など『ペット・家畜サイズの器』から『人間の器』に繰り上がり入る
  • 人間で亡くなっった場合は人間として再度、身体(器)を借りる

魂は『亡くなった時の器』よりも『少し大きな器(体)』に入れる様になっています。
逆に『小さい器(体)』に入ることは、繰り下がりになるので、それは少ないと言えます。
※基本的にこの世は繰り上がりで進むことが前提です。人間より牛の方が…と思ったでしょうが、魂からすると人間の方が経験をたくさん積めるので大きいとなります

 

魂が発芽するタイミングは?

『種』である魂が発芽するタイミングは、
受精後、肉体の形成と同時に心臓の鼓動がスタートし出すタイミングになります。

※卵子にも精子にも魂は宿る

卵子にも精子にも、魂の種は宿ります。しかし受精時に1つの器になってしまいます。そうなると1つの器を手に入れるために魂どうしが喧嘩をしてしまいますが、それで正解です。常に『奪い合う世界』がこの宇宙のルールだからです。ただ、喧嘩して負けてしまった魂はどうなるのか?と言うと『負けた方の魂は抜けてしまう』となります。

魂は心臓の位置に住み着き、肉体の成長と共に魂自体も成長していきます。
この『魂の成長』とは『徳を積む』の方ではなく『その生命と共に歩めるかどうか』『生きていけるかどうか』を判断する期間だと思ってください。

ですので、魂も肉体に定着しなければ自然と身体から離れてしまいます。
魂が先に離れてしまった身体は『生きているけど人間的な精神は生まれない状態』となります。

肉体自体にも『信号の送受信』は存在していますが、それをまとめて処理する事ができる『精神』がなければ、ただの肉の状態と言うことなのです。

魂と肉体をスマホやパソコンに置き換えてみましょう

スマホやパソコンの本体があったとします。しかし、CPU(中央演算処理装置)が入っていなければ、それぞれの機能をまとめあげる事ができません。ただし、各パーツに電源を通わせれば動くことはできます。

もう少し簡潔にしましょう。まずはおさらい。

  • パーツ自体は『電源があれば動く
  • それぞれのパーツは『バラバラに動くだけ』
  • 全てをまとめる『CPU(中央演算処理装置)』がなければ「体」にならない

スマホは、スマホの画面と電源を押すボタン、声を録音するマイク、声を出すスピーカー、その他全てのパーツはバラバラで製造されています。各パーツを色々な組み方、組み合わせ方によって『一つの形(スマホ)』をなしているのです。

 

話を戻しましょう。

魂自体は「この肉体はちゃんと動くのかな〜…?見届けよう」と思いながら胎児に宿っています。
その判断期間が『魂と肉体の成長期間』です。
※表現の仕方が下手ですみません、良い言葉・表現があれば教えて下さい。

『判断期間』が過ぎれば、魂と肉体はがっちり合わさった状態(一体)で育つので、魂から勝手に離れる事はできません。ガジュマルの木(樹)に似てますね。

もし「パーツが足りない」とか「連動できない部分がある」と魂側が判断した場合、判断期間中は魂側に『肉体から離れる権利』があるので、自分から選んで離れて行くことができます。

しかし「いやいや、みんなに会いたいからこの体で生まれるよ!」と選択することもできます。

どんな体や、どんな姿であれ、生きている今の状態は「あなたが選んだのだ」と知ると良いでしょう。私テキトーの借りているこの体も遺伝病などで大変ですが、それでも借り物の体を理解し、大切に思い共存しています。

 

赤ちゃんが生まれてくる時に記憶が消える?

赤ちゃんが母親から生まれる時「記憶が消える」とよく言われますが、実際は消えません。肉体と魂がさらに成長し『精神=自我』にまで昇華した段階で『魂側』の力を『肉体側』が支配します。

そうなると、魂の記憶は、どんどん思い出せなくなります。

人にもよりますが『自我』が芽生える頃、『精神の構築・安定』がなされる年齢のあたりで魂と肉体の主導権が変わります。

忘れているだけで魂の記憶を思い出すことはいつでもできます。
それが『アカシックレコード 』に繋がる方法なのです。

また、勝手に思い出すときもあります。
寝ているとき(夢を見ているとき)はアカシックレコード に繋がっている状態でもあるので、魂の記憶を思い出すことも多いでしょうね。

 

生まれてこれなかった赤ちゃんの魂はどうなるの?

胎児が亡くなったあと、魂は肉体から自然と離れて『情報側の宇宙(皆さんの言う天国?)』に帰ります。どんな生命にも魂は宿っていますが、借りている肉体が終わると、みんな情報側の宇宙に帰ります。なので不思議なことではありません。

 

魂の数は?

魂は無限に存在しています。
それは地球に生えている『全ての木の葉っぱの数』を数えるよりも多くあり、本当に無限に存在しているのです。

日本人の中には「八百万の神」という考え方や信仰がありますが、あながち間違いではありません。ただし、神ではなく魂であり、神は居ないと言えます。

「八百万の魂」が正しい表現ですね。

 

編集後記

魂が無限にあるからこそ、生まれてくる全ての生命に宿る事ができます。
もし魂に限りがあれば、肉体はあっても精神にまで育たないので、肉体は早く朽ちてしまいます。

だからと言って「肉は食べてはいけない」と言う馬鹿な勘違いをしてはいけません。

「食べなければ生きていけない」と言う形(体)を得て生まれて来ているのだから、必要であれば食べても良いのです。ただし「宇宙や魂の構造」を知った上で食事をすると、ありがたみを感じれますよね。本当ありがたいことです。

ちなみに植物にも魚にも、生命の全てに魂は宿っています。
全てに宿っているので、勝手な解釈をして勘違いしない様にね。
特にビーガン

知らないと言うことはそれだけ苦しいと言うことだね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました