ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

一問一答:殺されたらどうなる?

BLOG
殺されたらどうなる?

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

パティーオさん ありがとうです

殺されたらどうなる?

殺されるというのは、魂や徳の観点からすると『食べられた』ことになります。
これは動物の世界の名残といえる考え方でしょう。

人間にとって「食べられた」という概念はほとんどないと思いますが、動物の世界では日常茶飯事です。生態系の上に進むにつれて食べられなくなっていきますが、それでも『絶対に食べられない』という保証はありませんね。

魂と徳のルール

死んだ直後や死んだ後のお話として、魂と徳は『3つのルール』によって決まっています。

①食べられた場合は、同じ種族の生命体を借りてまた繰り返す
(徳点は死ぬまでの期間分が加算される)※徳点とは魂のレベル

②生命体が老衰したら、死んだ時の生命体よりも少し大きな生命体の体に魂を入れれる
(徳点は大きく加算される)※徳点とは魂のレベル

③自ら死を選ぶ場合は、自殺として徳点が0に戻る
(リセットされる)※徳点とは魂のレベル

この中で一番良いのは2番の『老衰』ですね。

老衰は徳点の取得率が大きいです。
いっきに点数を取れるので『おすすめの亡くなり方』だと言えます。

無理をしてでも、老衰までたどり着きましょうね。
車に轢かれたり事故にあったり病気で亡くなったら『①番の食べられたこと』になりますの。

殺されるのも食われたという表現だよ

 

人間の場合で死んだら?

人間が老衰で亡くなった場合は人間よりも少し大きな生命体になる…というわけではありません。
現在の地球では、それができない様になっています。

人間以上に多くの経験を積むことができる生命体の形がないからなんですね。
(経験を積む形とは、二足歩行であり手を使えること以上の場合)

象や虎、キリンやサイなどの体は人間よりも大きいですが、
魂の観点からすると、四足歩行の猫や犬と変わらないサイズの扱いになります。
(表現が難しいですね…四足・二足とかで分かれているのかなと思います)

魂の目線

魂は「どれだけ経験を積める生命かどうか」でしか物事を判断することができません。

今、人間として生きていて感情に左右されていますが魂自体には感情があまりないのです。
なので、魂はシステマチックであり、コンピューターの様な動き方をします。

僕たち人間というハードの部分に感情が色濃く出ているだけなんです。
鳥が空を飛ぶとかと虫が脱皮するとかと似た様に、感情の強さは人類の特色の一つなんです。

なので人間的な思考では、魂に影響をあまり与えません。
「生まれ変わりたくない」と願ってもできない理由がこれです。

 

また、魂からすると四足歩行の動物では『できること』もある程度決まっていると判断しています。
なので、経験を積むことにもある程度の限界があるのです。

地球では二足歩行で両手が使える人間以上に経験を積むことができる生命体は存在しません。
だからこそ『生物の頂点』という表現になっています。
昆虫タイプの人類が生まれたらそっちに魂は移行すると思いますけどね。

頂点っていうけど実際は陸の植物や海中の海藻とかが頂点だからね
わかりにくいからそんなに表現しないけど

 

人間が輪廻転生を繰り返す理由

人間が老衰をした場合は『同じ人間の形』に再度、生まれ変わります。
輪廻転生を人間の形で多く繰り返す理由は『人間の形になると徳が積みやすい』からなのです。

もし人間以上に徳が積める生命体が地球上に存在していたら、
その生命体の方に魂は向かっていきます。

しかし輪廻転生についてアカシックレコードを見ても、
今の地球には人間よりも徳が積める形はありません。

ただし、これは『他の生命』も『いずれ人間の形になる』と言い換えることができます。
四足歩行の生物は、いずれ二足歩行に進化していくでしょうね。

それだけ『人間の形』は徳を積みやすい優れた形をしているということなのです。

また、3番の自殺で0に戻った場合は、
あなたが自殺して亡くなった場所にいる近くのアリや血をすう蚊、
ハエ、ミミズや微生物、もっと小さな生命体からリスタートすると思います。

小さな体から大きな体まで生き抜くためには、並大抵の努力では生き抜けないでしょうね。
そもそもどれだけの確率で人間の大きさまできたのでしょうかね。

とても感慨深いものを感じます。

ということで、自殺をすると良くないというのは『自分の徳が0に戻ってしまう』からなのです。
それって相当もったいないよね。

自殺も経験だけど
やめとけと伝えておくよ

 

編集後記

人間はエゴの塊です。
それは『人間』という種族が色濃く持っている特色の一つです。

食欲も支配欲も物欲も性欲も睡眠欲も、並大抵の欲望の強さではありません。

この『欲望』は、持っていて良いものです。
人間なのだから、それが普通なのです。

釈迦がいったのかわかりませんが、煩悩を捨てるなんてアホなことを言ってんじゃないと思います。

なぜなら、人類にとって『欲望』は、鳥の羽や、昆虫の複眼、チーターの脚力などと同じ、
『生命のスキル』なのだから。

それを捨てるって笑
人類という生命を馬鹿にしてるのか?といいたいし、今の宗教全部の頭がおかしい。

持って生まれたものをフルに活かして、それでいて生き抜いて老衰を得る。

これに越したことはありません。

みなさん、身体の声を大事にね。

宗教は人類の越えなければならない壁なんだよね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました