029 火星はどんな存在?

BLOG
火星の存在とは

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

トムさん ありがとうです

 

『火星はどんな存在ですか?』

火星は、今の地球の様に『生命で溢れかえっていた星』ではなく『そうなれなかった星』です。

何十億年以上も前の大昔、火星は『今の地球の位置』にありました。
その時の火星は、今の地球の様に生命が生まれる条件が整っていました。

温度も生命が生まれるのにちょうど良い適温の条件が揃い、
水分が蒸発し大気が星を覆っていました。

ただ、多くの生命が生まれる前に『生命が育つ暖かい位置』から火星は離れてしまったのです。

 

火星を温めると地球になる?

火星が今の地球の位置に戻ったなら、きっと火星は生命が溢れかえる星になるでしょう。

しかし今回の話は、何も火星に限った話ではなく、
宇宙にある全ての星には『生命を育むことができる素材』が元々用意されているのです。

その素材は、主には温度が整うことで、生命が爆発的に生まれるようにプログラムされています。

またこの『温度』は、高すぎても低すぎてもいけません。
生命の誕生には『その星にそった温度』が必要となるのです。
(今の地球は「地球用の温度」であるといえます。他の星ではもっと高いかも)

 

星は『卵』や『種』と言い換えることができます。
環境や条件が整うことで、星自体が芽吹くことができるのです。

これから遠い先の未来では、地球よりも太陽に近い『金星』が今の地球の位置に来た時、
生命が発生するようになるでしょうね。
(何十億何百億年と先の話ではありますがね…)

 

編集後記

火星探索はこれからの地球人の課題だといえます。

しかし、一度でも『機械(キュリオシティ)』が到達した星であれば、年月さえかければ人類も到達することが可能だといえます。そして人類はどんどんと他の星へも手を伸ばしていくでしょうね。

これから先の未来に、宇宙中をくまなく探せる大航宇宙時代が来るのが楽しみですね。

生きてる間に宇宙船に乗ってみたいね〜

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました