ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

一問一答:結婚する方法は?

BLOG
結婚する方法

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

パンnaさん ありがとうです

 

結婚したいんだけど何をしたらいい?(結婚する方法)

結婚をされたい方はたくさんいらっしゃると思うので、
今回はそう願っている方々にうまく伝わればいいなと思います。

まず『大きな答え』からお伝えします。

結婚相手は『前世につながりのあった人』が相手となります。

また、さらに前世で結婚してお互いが死ぬまで添い遂げた場合は、
来世(今世のこと)でもその2人は結婚し、死ぬまで添い遂げることが多くなります。

そう聞くとロマンチックですね。

また、もし同性として生まれたとしても、魂同士はどこかで繋がりを持とうとします。
たとえば両親や兄弟とか姉妹などに生まれ変わることがよくあります。
少し離れたとしても親友になっている場合もあります。

この『人の出会い』には、深い縁と魂、徳が関係しています。

前世からの繋がり

人の魂は、前世やその前の前世(前前世)、それ以前からずっと続く縁の連鎖です。

魂が体験・経験した時間がどれほど長いのかはわかりませんが、
今に至るまでの道のりは数百年や数千年程度の短い期間でないといえます。

その長い期間に渡って、多くの魂たちと縁を結んできたのです。

 

魂が肉体を手に入れると、そこで自分以外の『他の生命』との出会いが起こります。
そして自分の肉体が朽ると、魂はまた別の肉体へと転生していきます。

この転生を繰り返すたびに、自分以外の複数の生命と出会いを繰り広げていきます。

この古くから続く出会いの輪を『縁の輪』と僕は呼んでいます。

『縁の輪』は時代が進むごとにどんどん広がっていきます。
さらに交通手段の発展・進歩によっても広がるエリアは拡大していきます。

この『縁の輪』の中にこそ、あなたが今世で結婚する相手が含まれているのです。
出会いとは『過去の繋がり』の中から発生するもの、というのがきちんとしたお答えですね。

出会いとは過去の縁なのです

 

ここで1つ疑問がおこります。
「なぜ今世で初めて出会った人とは結婚しないのか?」というもの。

たしかに、今世で初めて出会った人との結婚の可能性はあるかもしれません。
しかし『魂の縁』は強くなければ出会えず深い関係になれないという『ルール』があります。

 

出会いの疑問

ここで皆さんにお聞きします。
「これまでのあなたの人生で、何人の人とすれ違いましたか?」

とても深い質問です

 

みなさんも僕も同じ様に、この人生だけでも数千人以上の人とすれ違っているはずです。
しかし、その数千人以上の人の中で『会話をしたことがある人』はほとんど存在しません。

子供の時から今現在まで、通学や通勤、散歩でも数えきれないくらい沢山の人とすれ違っているはずです。なのに会話すらできない人たちがあなたの周りにはごまんといるのです。

そんなことを考えたことがありましたか?

では、そんな中から、縁もない、出会ったこともない人と結婚できるのでしょうか。

まず不可能なのです。
やはり結婚をするということは昔から続く『過去の縁』があって初めて成立できるものなのです。

今世で初めて出会った人がいたとして、
軽い挨拶をして、その結果その人と来世や来来世で結婚しているなどはあるかもしれません。

しかし、今世で初めて出会った人とは、そこまで深い仲になれないのも事実なのです。

要は「あなたが会話をしている人は過去で出会い(縁)の深かった人だよ」ということなのです。
もちろん度合いもあります。

『ただの友達』と『親友』とでは繋がりの深さが違います。
『遠い親戚』と『親』とでも繋がりの深さは違います。

その繋がりの強さ、深さは、
あなたの魂がこれまで積み重ねてきた『その人との縁』によってなりたっているのです。

魂は、コツコツと縁を深めていくモノです。

別の動画でもご紹介した『宇宙の線路』と同じ様に、今の位置から飛び越えて先にいけない不器用な存在でもあります。本当にコツコツと時間をかけて、転生を繰り返して縁を深めていきます。

それが魂の生き方とも言えますね。

結婚する相手との徳

さらに結婚する相手との『徳点』も関係していきます。
徳点は生命のレベルに大きく関係するものです。

徳点の高い人と徳の低い人とでは、実はうまく釣り合いません。

また、これは今の人間社会でも同じことがいえますね。
言い方は悪いですが「頭の良い人と悪い人ではうまく会話ができない」ということがあります。

これは、それぞれの考え方や思考の深さなどの違いであって、
どちらかが『素晴らしい人間だ』ということでは一切ありません。

しかし人間の社会の中でも『何かの高い低い』で繋がれない状況は多く発生しています。

徳点に至ってはより顕著です。

 

一例として

徳点が高いということは、生命としての経験の多さを指しています。

徳点が高い人間は思考や想像力が強く、また衝動的に動くことが出来にくい人間が多いです。
徳点が低い場合は、肉体派で活発なタイプが多く、運も強く人脈にも恵まれていることが多いです。

この両者は、真逆の性質を持っています。
合わさると丁度良いのでしょうが、世の中そううまくはいきませんね。

そんな2人の人間が簡単に相容れることができるでしょうか。

しかも恋人関係を経て、結婚をするとなると、
考え方や行動がかなり違ってくるわけですから長く続くとは思えません。

やはり『どこか似た部分』を探したり『どこか共通点』を見つけようとするはずです。

そういった部分は夫婦関係には必要不可欠なことだといえます。
やはり似たものが夫婦になりやすいのですね。

もちろん似てない者同士で結婚することもあります。
しかし、どこかに共通点は持っているはずです。

共通する部分を尊重しながら生活をしているはずです。

それが出来ない場合は、まず結婚まで至りません。
結婚とはそういうものなのです。

そんな流れがこの『結婚』というシステムには大きく関係しています。

 

徳による結婚のメリット

徳が高い場合にはメリットが1つあります。
『結婚相手は向こうから訪ねて来る』ということ。

 

これまでのお話をまとめた上で本題です。
「結婚をするには何をすればいいか?」

 

前世の知り合いを『縁故(縁故さん)』と呼びますが、日本人なら親しみのある言葉ですね。

この縁故さんとの出会いを多くしなければなりません。
多くの縁故に会うことが一番効率的な結婚への道と言えます。

しかし、そうなった場合には自身が動き回らなければなりません。

徳が高ければ自然と相手側から来てくれますが、みながみなそうではありません。
自分の徳が低い場合、自らが出会いに行かなければならない側なのだということです。

時代による良し悪し

そういった意味では今の時代は動きやすいともいえます。
車や電車で遠くに出向くことも可能ですし、
またインターネットを使えば世界中にいる遠くの人と繋がることができます。

結婚したいならば『できるだけ多くの人(縁故)に会う』ことしかないんですね。

でも、そうできない人も多いと思います。
仕事が忙しかったり、出会いが少なかったりですね。

そういった人には今の時代ならではですが『出会い系』がオススメです。

時代によって出会いの形が変わっただけで、
手段の一つである『出会い系』は至極真っ当なものだと思います。
(もちろん犯罪などに巻き込まれないようにしていただきたいですが)

最近の出会い系では地域の特定などもできるそうですね。

ここでお伝えしたポイントが生きてきます。

生まれた場所は死んだ場所

『自分が死んだ場所の近くで生まれ変わる』というルールがあります。

それであれば『前世の結婚相手は地元または生まれた県内にいる可能性が強い』ということになります。これだけでも相当範囲を絞れたのではないかとも思います。

しかし、これが通用しないケースも出てくるのです。

自分の魂の生まれ変わるサイクルがゆっくりな人だと、
100年くらいたってから生まれることもあると思います。

その場合、100年越しに出会うということになります。

もし結婚相手が100年の間に、当時の死んだ場所からは離れて、
あちこち動いてしまっていたら、もうその場所には居ませんよね。

生まれ変わる時間、タイミングや時期などによって出会える出会えないも関係しているのです。

対策の一つ

そこで対策としては『自分の運命の流れ』を見る様にしましょう。

統計学などの占いや姓名判断、誕生日占いなどをみてもいいと思います。
(正確かどうかはわかりませんが…)

また運命の流れを見ることは僕の方でも依頼をお受けることはできます。

 

その運命の流れを見て、相手と出会うポイントの時期に『多くの縁故に出会う努力をする』
これが一番相手と出会える率が高くなる方法です。
(縁故とは会話をすることがある人です)

結局占いとか運命の流れだのみ…と思うでしょうが、
その努力をしていることだけでも『動き回っている』となります。

 

小さな努力の積み重ねが出会いですので、やって損はないと思います。
別に占いを進めているわけではありませんが、使えるものは使うべきだというお話です

結婚するためのおさらい

  1. 自分の生まれた場所を再度確認する(同窓会とか)
  2. 自分の徳点を把握する
  3. 自分の運命の流れを知る(統計学とか占いとか)
  4. 出会いの時期には精一杯努力する(縁故に多く会う※飲み会とかに出る)

というのが一番の最短距離だと思います。
これなら、一番短いスパンで出会えると言えるでしょう。

出会いの時期以外は、コツコツ自分磨きをしましょう。
せっかく出会えたのに自分のミスで振られたなんてもったいないですからね。

結婚には運と努力が必要だね

 

編集後記

今の時代、結婚をするしないで色々と意見が分かれている人たちがいます。
しかし、それは昔からみんなが言っていること。

昔の人たちも「結婚はな〜しなくてもな〜」とかいってました。
いつの時代になっても、どれだけ時代が進んだとしても根本の人間という概念は変わらないのです。

また生命体として人類を見ると、これからまだまだ世界規模で人口は増加していきます。

魂が宿れる器が増えるのは良いことですし、僕も大歓迎です。
そう言った意味でも子供が増えると良いですね。

子供は宝ですね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました