ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

一問一答:縁を切ることは可能ですか?

BLOG
縁が切れない理由

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

みーこさん ありがとうです

『縁を切ることは可能?』

人間の人生には『深い縁』も『浅い縁』も『複雑な縁』もありますね。
今回の『縁』について、縁を切ることは可能かどうかをご説明していきます。

そもそも『縁』というのは、今世だけの繋がりではありません。
遠い昔から続く、魂達が長い長い年月をかけて紡いできた『大事なもの』なのです。

それは時代時代を生きる身体(血縁)の繋がりにも関係していますし、
また、この繋がりは人間の心とはあまり関係がないものでもあるのです。

たとえるなら『今の辛さ』は魂達にとっては「大した事はない内容」であり、徳を積むために必要だからあえて用意しているものだと言う事です。また、それは『魂の試練』にも関係しています。
(魂の試練をクリアする為に用意されているのが今の環境であるということですね)

人間的に嫌な環境を用意されるのはやめてほしいね
マジで

 

今回のみーこさんの『縁を切りたい理由』の中に、子供達のことを思っての考えであるとメッセージにあります。もちろんご自身の人生ですから離婚も再婚も自由だと思います。

ただ、その前に知って欲しいことがあります。
『離婚したい相手の方とは、来世や来来世でも出会う』ということです。

すなわち、答えとしては『縁を切ることはできない』ということなのです。

 

自分で縁を決める事はできない

今の時代、今の生活環境下で辛い思いをされていることもあるでしょう。
しかし、それは『その環境や状況ゆえに発生している悩み』でもあると思います。

時代や環境が変われば、今の気持ちは大きく変わってくるのもの。

人間の感情は常にコロコロと変わるものであり、それはどんな時でも変わってしまいます。
それが『人間の強さ』でもあるからですね。

 

魂達が見る重要度の違い

魂達にとって『縁』はとても大切なものです。
それは「『人間の感情』などどうでもよい」と言い切ってしまうくらい重要度が高いものなのです。

僕たちの『人間としての気持ち』は、実は魂達にとってそれほど重要ではありません。
ちょっと悲しいことかもしれませんが、魂達が求めているものと人間が求めているものは大きく違うということなのです。

この認識の違いは、人類にとっては強烈なものではないでしょうか。

人間は尊厳や命を大事だと叫びますが、魂達にとっては『経験を積む体』でしかないのです。
だからこそ人間の一時の気持ちによって『勝手に縁を切ること』など出来ないのですね。
(自殺がダメな理由もここにあるのです)

人間の気持ちほど変化の激しいものはないのかもしれないね

 

魂が求めているものは『経験』です。
『人間の身体を使って得る経験』が大事であって、人間の感情はそこまで重要ではありません。

以前に『昆虫はシステム寄りである』と説明しましたが、それは魂も同じなのですね。
(小さな生命と魂は似ています。大きくなればなるほど感覚が離れていくのでしょうかね)

 

僕は人間の感情を『能力』だと考えています。
鳥が空を飛べるように、チーターが早く走るように、人間は感情が強く出た動物なのです。
(全ての動物には感情がありますが、より強く出るかどうかが能力であると言えますね)

 

自由の選択の前に

もしこれから先に離婚を選択したとしても、必ず覚えておいた方が良いルールをお伝えします。

「別れ際こそ感謝されるように」

これがとにかく重要です。
人生は自由です。
離婚も結婚も交際も破局も自由です。
その全てが自由なのですが、どうしても一つだけ大事にしてほしいことがあります。

それが『別れてもよいが、良い 別れ方をしましょう』ということ。

人の人生には『別れ』はつきものです。
その『別れ方』次第で、次の人生で再会した時の『相手の対応』が変わります。

魂は続くもの。

相手の魂は別れた相手を記憶しています。
だからこそ「良い人」として別れる方が、後々良い結果を生むのですね。

 

編集後記

人は色々な道を歩き、暗い道も明るい道も歩みます。

右往左往したり、回り道をしたりもしますが、
それは『魂の試練』に必要だからこそ、その道を歩むのだと思います。

今が辛いのも、きっと『魂』が必要なことだと感じているのではないでしょうか。
(それが正しかったとしても迷惑ですけどね…)

人間と魂は重要なものが違うけど、
それはどちらも必要だからこそ『有る』んだと思うよ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました