人がモノサシ



どんなものかを知る為に…

と言うなら本を読めば良いさ。

関わってる人に話は聞くべきじゃない。

なぜなら、その人の「モノサシ」で発言してくるからね。

で、必ず「釈迦」や「キリスト」「神や仏」がモノサシ。

違うだろ?「人」がモノサシだろっての…

 

毎回思うんだよなー

「死んだやつの教え」をこうより、生きてる間に見つけた「自分への教え」を大切にしろよ…と。

今いきてる人が主役なんだよ。

死んだやつの話持ち出すな!と。

見つけられない人が多いからさ、仕方ないのは分かるんだけど…

だから「生きてる間」に発言したのに

 

結局、何かに依存して物事を進めようとすると上手くいかない。

でもそれが日本社会では当たり前に行われている。

その枠すら突破らわないと、今のままで何も変わらない。

それが悩みだ。

伝える側も、対する側もそれでこじれてしまう。

なんともなー

 

もっと自由に生きればいいのになー全員がね

不自由を求めてるんだよね。

それは、仕方ないんだけど…

それは感覚の誤解なんだよなー…

自由は無感覚なんだ

魂の成長

『魂の成長』を考えてみましょう。

魂を成長させる事とは、いったいどういう事なのでしょうか。魂が求めている事とは、いったいどんな事なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です