人間(人)の最小定義



人間(人)の最小定義を答える

「生きてる」か「死んでしまった」かのどちらかである。

人は過去の記憶にすがる。

また、新たに生まれ来る未来を見ない。

ゆえにその二つが最小提議となる。

 

本質とは「理(真理)」である。

「本質に触れろ」とは、「理(真理)の扉」をノックせよ。

と言う意味である。

この世の最小単位が「理」である。

nanoでも素粒子でもない。

オススメのコンテンツ一覧へ

『オススメのコンテンツ一覧』へ進む。

私たちの人生には、不思議で面白い、まだまだ未知の世界が広がっています。その未知の世界を知ることから、新しい世界は見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です