ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

014 幽霊が取り憑くとか乗り移るとかって、どういうことですか?

BLOG
幽霊がとり憑く乗り移るってどういうこと?

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

yossy(よっしー)さん
ありがとうです

 

幽霊が取り憑くとか乗り移るとかって、どういうことですか?

幽霊というのは『魂の状態』なのですが、
『物質側の宇宙に片足を突っ込んでいる魂の状態』を幽霊と呼んでいます。

情報側の宇宙(天国?)に完全に移行してしまうと、物質側の世界に干渉することはできませんが、物質側の世界に少しでも干渉(片足を突っ込む)していれば、物質側の『こちらの世界』にちょっとは干渉できるということです。

そもそもの話として、僕たちの肉体は借り物になります。
魂が身体に乗っかっているだけであって、元々 魂と身体も別々のものなのです。

『幽霊が取り付こうとしている状況』は、
この身体に『無理やりねじ込んで入ろう!』としている状態です。
(風邪を引きそうな状態に似ています)

ただ普通の状態であれば魂と肉体との連結が強いので、
体に無理やりねじ込んで入られるということはありません。
(基本的に『部外者が身体に入る余地なし』ということです)

しかし『何かの隙間、心の隙間』など魂が肉体を支配する割合が少しでも変わった場合、
その『たった数%の隙間』を見つけておじゃましてくるのが『幽霊(取り付いた状態)』です。
(本格的に風邪をひいた状態に似ていますね)

テキトーくん
テキトーくん
暖かいお布団にお邪魔する猫のようですな

身体が受けつけるもの受けつけないもの

僕たちの身体は『意味があるもの』が体についたり入ろうとすることに対しては問題はないのですが『意味のないもの』が体についたり入ろうとすることには拒否や嫌悪をします。
これは身体が持っている『生命体の拒絶反応』であって当たり前の反応になります。

幽霊などは拒絶対象になりますね。
邪魔だもんね。

逆にいえば、イヤホンや歯のインプラントなどは『これは問題ない』と認識しているので身体に入っても問題ないのです。
結構適当ですよね。

幽霊の追い出し方

幽霊が『身体を乗っ取られそうな状態』というのは、隙間の数%に既にお邪魔されている状態です。しかし一般の方は『追い出し方』が分からと思います。
ただただ邪魔でしんどくて風邪をひいたような状態で疲れてしまいますね。

テキトーくん
テキトーくん
たったの0.01%でも入られると頭痛が起こると思います

YouTube投稿動画の最初にある『オーラ開放』は、
幽霊に取り憑かれそうになっている時の『追い出し方』としても使えます。

オーラは身体を守るだけではなく、身体と魂のバランスを取る技術・呼吸法ともいえます。
なので身体と魂の同調率を高めてオーラで体を守り、幽霊を身体の内側から弾くようにすれば、オーラによって幽霊を追い出すことができます。

また、その状態を維持していれば幽霊に乗っ取られることはありません。
オーラを纏っている状態ですね。

幽霊に対しては無敵に近い能力

たとえ心霊スポットで有名な場所に行ってウロウロしても、
オーラさえ纏っていれば取り憑かれることはありません。

それくらい強いものがオーラなのです。

さらに、もし取り憑かれてしまった人がいた場合は、自分のオーラを取り憑かれている人の身体にぶつけることで、取り憑いている幽霊を弾くことができます。

神主さんや祈祷師?が行っていることと同じ技術だと言えるのかな?
多分彼らはオーラを音に変えてぶつけていると思います。
僕がお伝えしているのは幽霊を殴っている状態に近いと思いますね。

ただ『取り付いている幽霊』だとしても悪い魂というわけではありません。
必死に『生(物質側)』にしがみついているだけで、
彼らも情報側の宇宙に帰れないので辛い状態なのです。

雲の糸のようです。

そんな辛い状態なので、むりやり幽霊をはじくのではなく、
幽霊とちゃんと会話をして帰ってもらうように促すと、彼らともめることも無くなりますね。

幽霊といえど元は人間であり魂です。
伝わらないことなどないと思いますよ。

 

編集後記

僕も昔、友達にとり憑いた幽霊を払ったことがあります。
彼は東日本大地震後に現地にボランティアに行ったのですが、そこで幽霊を連れて帰ってきました。

お守りを複数持っていたにも関わらず、当日カバンの中にしまっていたそうです。
「身に付けていた方が良いよ」と伝えていたのですが、忘れていたそうです。

結局、女性と子供の幽霊(他人同士)を連れて帰ってきましたが、ちゃんと彼らと会話をして帰っていただきました。彼は霊感が強い人だったので「連れて帰ってくるだろうな」とは思いましけどね。

幽霊といえど人です。
穏便に、丁寧に接すればきっとわかってくれますよ。

テキトーくん
テキトーくん
その後ぼくは疲労で寝込みましたけどね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました