ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

一問一答:幽霊は存在しますか?

BLOG
幽霊は存在する?

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

ところてんさん ありがとうです

 

幽霊は存在しますか?

幽霊はちゃんと存在します。

『情報側宇宙』と『物質側宇宙』との間で、
物質側である身体はないけど、物質側に少し寄ったところにいる『魂』のことを幽霊と呼びます。

基本的に情報側の宇宙にある『魂』は生まれ変わるまで物質の世界に戻ることはありません。
しかし幽霊の存在は変わっていて、
『少し物質側の世界に寄っている』となり、少しだけ物質の要素を残している状態です。

いうなれば、中途半端な状態ということですね。

今の人間の社会でたとえてみると、
僕たちが住むこの物質の世界は、小さな小さな原子核や電子などで構成されているそうです。
もう少し大きくして『水素(H)』としましょう。

水素(H)はとても小さい素材ですが、果たして物質でしょうか?
しかし、水素が集まり圧縮されると圧縮水素という液体に変わります。

液体が『物質』という表現であっているかは定義としては分かりませんが、
物体と捉えることのできる1つの形であると言えます。

空気(H2O)もそうですが、圧縮すると液体になります。
(小学校の時などの理科や化学で習いましたね)

これらと同じ様に『情報』を集めたり固めると『物質』へと変化します。
何も不思議なことではなく、僕たちの身体を構成している遺伝子(DNA)も同じ仕組みです。

 

逆に『物質』を分解していけば、遺伝子や原子核、電子などの素材いわば『情報』へと戻ります。
この『物質→情報』に変わる道中で、中途半端に止まってしまっている魂が幽霊といえます。

この幽霊の『中途半端な状態』は人間の目でも捉えることができます。
触ることはできませんが、光が反射する物質としての要素を少なからず持っているからですね。
(物質であれば光を反射するということです)

 

ただし幽霊にとっては、この物質でもない情報側でもない中途半端な状態は辛いといえます。
帰れるはずの情報の世界にも帰れない状態ですので、そうとう辛いでしょうね。

寝たいのに寝れない3日目あたりの状態?

 

彼らは『亡くなった場所』や『亡くなった時の記憶』に引っ張られて、
その場所や物、空間の『レコード(記録媒体)』に魂の一部が保存されている状態です。
この『レコード(記録媒体)』は物質であれば全ての素材が記録可能になります。

たとえば石や建物、家具や木なども可能です。
(記録も再生も可能=レコーダーともいう)
心霊現象が起こる家などは『ただ当時のデータが記録・再生されているだけ』ということです。

同じように、どこかに幽霊のデータが引っかかってしまって取れない場合は、
幽霊は動くことができず移動もできないのです。

幽霊は移動できないと言われる理由がこれです。

しかし、記録しているその場所が消えたり形が変われば、
保存されている物質や空間自体が壊れることになるので幽霊は情報側の宇宙に帰ることができます。
幽霊屋敷を取り壊しても幽霊は存在するのか?って話ですね。
壊せば形が崩れるのでレコーダーも壊れますよね、当たり前に。

物質である程度の大きさがあれば記録が可能だよ
未来ではその記録技術が応用されているよ

幽霊の数は?

こんな話をご存知でしょうか。
『昔に死んだ人が幽霊になれば、この世界は幽霊だらけ』というものです。

よく耳にする内容ですよね。

もし亡くなった場所が開拓されたり、作り替えられたりすれば、さきほどの理由から、幽霊を保存している場所のレコード(レコーダー)は壊されることになるので、みんなきちんと情報側の宇宙に帰ることができます。

なので幽霊の数自体はそこまで多くはありません。

時代が進むと建物や土地、地面や樹木も石も少しづつ変化しています。
常に地球は動いているから当たり前ですね。
なので保存できる時間は限られているということです。

仮に1000年壊れないもの変化しない場所があったとして、その場所で人が亡くなり幽霊になれたなら、幽霊はその場所に止まり続けることができると言えます。

しかしこの世に壊れないものはありませんね。
全ての物質は変化させられる様になっている、これも『ルール』です。

それを『循環』とも呼びます。

 

編集後記

この世に永続なものなど存在しませんね。
どれだけ切に願っても、いつかは壊れていきます。

それは人であろうと同じです。
いずれは死んでいく、消えていくものなのです。

何をどう残せるのか?が人類のポイントだといえますね。
できるだけ情報を湾曲させないで残して欲しいものですね。

釈迦やキリストも当時に伝えた内容が、今と昔とでは180度変わっていることも多くあるでしょうね。それって伝える意味あるんですかね〜…

テキトーくん
テキトーくん
宗教っておままごとですから

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました