テキトーくんの言葉

死というのはツール?

更新日:



自分の人生に「重り」を感じる時、それは自分の内なるものからと、他人から与えられるものである。

 

多分「死」というのは、失敗を重ねた人にとっては「やり直し」が効くツールでもあると思う。

その反対に、成功のさ中にいる人にとっては「恐ろしいもの」でもある。

1からやり直せて、引き継げるものもあるなら、それは「ある視点」からみると「幸せ」なのだろう。

 

車のシートベルトをしめずに、 「俺は事故らないから大丈夫」と言って運転をする奴がいる。

「失敗した場合の対策」をする事を前提(シートベルトする意味)で物事は考えなければならない。

俺から見ると、人間の行動のほとんどは「シートベルトをしめずに運転をする奴」と同じに見えて愚かに見える。

 

宇宙は「巻き戻ることは無い」 記憶は「過去に戻った気がする」 違う。

一巡した先の宇宙で、記憶がスタートするタイミングが「飛んだ時」より「少し前」になっただけである。

常に正しい事は、宇宙の法則である。

常に間違う事は、人間側の「思い違い」である。



 

間違っているのは常に「人間側」だと理解して、物事は考えるべきである。

人間は「賢くはない」 しかし、コツコツと履歴を積む事は出来る。

アリのように日々小さな事を積み重ねているから「今」があるのだ。

その「積み重ねた」事は大切なことだ。誇っていい。

しかし「賢くはない」と知ることだ

 

未来の見えない世界と、未来が見える世界とでは、気の持ちようが違う

しかし、それを見ているのは「あくまで自分一人」であって、他の人は全く見えていない

それを知ると、 相も変わらず「悲しくなる」

孤独に感じる

そして追いつけない人間に対し苛立ちと嫌悪感を得る

それも私のエゴである





-テキトーくんの言葉

Copyright© 魂を成長させるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。