群れ



人は、常に「群れ」で生活をする。

それがルール。

そして役割は7:2:1の割合を常に維持する。

その枠すら、解き放つ事を考えて進むと良いと思います。

一個人として、どう進む?

これ

 

集団になればなるほど、スタートの時にいた「古参」を懸念し、また新参も懸念しされる。

常にその何かを分かつ「差」をもちたがる。

それを繰り返してどんどん大きくなるが、やはり集まると「進化」しなくなる。

それは「調和」という「平穏」

しかし常に2割は「破壊」を求める

これの繰り返し

 

必ず「パターン化」するんだよ

これは人間である以上どうしようもない。

だから「それすら出る」事を心がけてみると良いです。

そしたら「皆パターンで動かされてる」としる

そのパターンこそ「ルール」である。

 

起爆剤になる要素が居なければ、そのうち平定してしまいます。

そこは「平穏」であるから「向こう側」と同じで差を産みにくい。

それもありだけどね。

ただ、そこでこそ「得れるもの」は転がってる。

飛び込むなら火の中へ。

もちろん起爆剤が僕とは限らず、皆さんが起爆剤

 

集まりは、いずれ起爆剤により、さらに大きな「集団」へと変わる。

でも、それはもう「最初の頃」とは違ってしまっている。

終わるなら今。

そうすると、人の心に「疑問」を残した状態で終われる。

このまま進と平定して「人止まり」になり「疑問」を忘れる

そんな権利もないから言うだけですけど

 

人間の道ですな〜

繰り返しは、何も同じ人間が起こす事だけではなく、集まり、社会、国、星、宇宙、全部が繰り返してる。

しかし、それだと+1は得られない。

その「輪廻」から抜け出す事が+へと繋がりますん。

…難しいんだろうけどさ、

洗濯機で回されてる服と、取り出される服の違いかな

肉体を捨てた後

『肉体を捨てた後』の魂はどうなってしまうのでしょうか。

私たちの魂が肉体を離れた後、魂はあの世へと向かいます。あの世は、この世(現世)とは違い『何もない世界』です。形もなく、色もなく、また感じる事もない、そんな世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です