ページ内ではYouTubeにプラス@をした内容をご紹介しています
アカシックレコードのアクセス方法を動画でご紹介

一問一答:自分が生まれた場所に意味や理由はありますか?

BLOG
自分が生まれた場所に意味や理由はありますか?

こんにちわ、テキトーです。
今回の一問一答についてご説明をしたいと思います。

ご質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

スキヤ花月さん ありがとうです

自分が生まれた場所に意味や理由はありますか?

自分が生まれた場所にはちゃんとした意味や理由はあります。

これは前世や徳と大きく関係しています。

簡単にいうと『自分が生まれた場所』は
『自分が前世で亡くなった場所の近く』ということなのです。

産まれる場所の範囲・広さには大小ありますが、
だいたい亡くなった場所の近くで魂は生まれ変わります。

亡くなった場所はセーブポイント

前世で亡くなった場所は『セーブポイント』のような感じで魂に刻み込まれています。
生まれ変わる時、そのセーブポイントを目印として一定範囲の中から『自分の親』を選択します。

どれだけの範囲内で親を選択できるか?に関しては人それぞれと言えます。
僕の場合は前世で亡くなった場所から半径1〜2kmくらいの中から生まれました。

またセーブポイントの利点として『優先的に器(赤ちゃん)に入ることができる』ということ。
これも『徳』に大きく関係しています。

魂は無数に存在しています。
魂が無数なのですから、自分の魂よりも先に『人間の赤ちゃんの器』に別の魂が入ってしまう可能性も多くあります。それをされないように『徳』というシステムが用意されています。

徳というシステム

徳があることで、生命の器を優先的に借りる権利が与えられます。
さらに『セーブポイント』によって生まれ変わる場所が固定され、
徳の多さによって範囲の広さが変わるという仕組みです。

もし雪山や高山などで亡くなってしまったら
『生まれ変わる器(人間の赤ちゃん)』がいない事がほとんどです。

その場合は、人間以外の他の生命の器に入る(戻る)か、
その山が開拓されて町になり誰かの赤ちゃんが生まれるまで『待たなければならない』となります。

どれだけ待つのかはわかりませんが、数百年とか数千年、数万年なんてことも平気であります。
人間としてちゃんと生まれ変わりたいなら『生命が多い場所』で亡くなるようにしましょう。

徳を積むことができる形

人間の形は『徳を多く積むことができる形(型)』になっています。
これは、他の生命(植物や昆虫、魚や動物など全ての生命)もゆくゆくは人間の形になることを意味しています。

二足歩行を手に入れた人類は両手を自由に使うことができます。
この二足歩行が生命の最大の関門ですが、人間は数万年の時をかけてクリアしました。

生命にとって二足歩行は危険な賭けです。
生きることに関していえば、四足歩行の方が生存率は高かったはず。

しかし二足になれたことで、ここまで進化できました。
それが『徳』を多く積むことができる理由でもあります。

せっかく多くの徳を積むことができる『人間の形』に生まれたのに、
何万年もたってしまって人類が絶滅してしまったら困りますよね。

チャンスって少ないんですよ。
宇宙の時間の中ではね。

テキトーくん
テキトーくん
みんなが人間であることは稀に見る幸運だと思うといいよ

編集後記

人間は人間であることの意味を知りません。

ここまで知能が発達した動物にも関わらず、そんな事すら理解していません。
なので「まだまだ人間の知能は低い」といえます。

地球上の生命としては賢い方ですが、
見えるものにだけ頼っている人間はまだまだ子供と変わりません。

さらに先があります。
アセンション?をしたいならまず壁はそこです。

このブログを読まれる皆さんは、出来るだけ『見えない世界』を感じ・想像するようにしましょう。
見えるものは既に存在しているのだから、もう大丈夫でしょう。

テキトーくん
テキトーくん
世界を知りたいなら、
まずは『感じよ』だよ

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました