魂の課題とは

私たちの『魂』には、『多くの課題』が課せられています。
(「課せられている」と言う表現が少し違うかもしれないですがね…)

 

魂は、常に『成長』を願っています。

それは私たちの気持ちとは裏腹に、魂はシンプルに『成長したい』と願っているのです。

 

身体の方の視点からすれば「今をのんびり生きられればいい、変化や成長なんていらない」と思う事も多くあると思います。

事実私自身も常にそう思っています。

 

しかし、魂はそうはさせてはくれません。魂は、とっても勉強家なのです。

そして魂自体が『成長を願う』ならば、身体はそれに伴って『成長(経験・体験)』していかざるを得ないのです。

 



例えばですが、社会生活の中では『他人と共存』していかなければなりませんね。

それはスーパーやコンビニに行く事だけでも『共存』していると言えます。
(田舎や地方だと、その繋がり(共存)はより強くなる傾向にあります)

 

他人と共存すると言う事は、それだけで『差』が発生してしまうものでもあります。

その『差』自体を良く思う人もいれば、悪く思う人もいると思いますが、
必ず『差を持った他人』と共存して生きていると言う事が『人生』と言う事でもあるのです。

 

『魂の課題』には『他人としか熟せない課題』が、実は多くあります。

人は一人では生きてはいけない事と同じように、他人がいるからこそ、熟す課題もあると言う事。

 

私たちの魂は、そんな多くの『課題』を、1つ1つクリアして行く事が(魂の)人生なのです。

魂とは?

オススメのコンテンツ一覧へ

『オススメのコンテンツ一覧』へ進む。

私たちの人生には、不思議で面白い、まだまだ未知の世界が広がっています。その未知の世界を知ることから、新しい世界は見えてきます。